朝になると顔がパンパンに腫れている方。午後になると、顔がむくんでパンパンになる方。顔はもっとも目に入る場所です。小顔になる方法は、毎日こまめにマッサージをして、むくみのない顔を維持しましょう。

田中宥久子流・造顔マッサージの方法 口周り編

田中宥久子流・造顔マッサージの方法 口周り編

ほうれい線が出やすい口元。

顔のむくみだけでなく、シワなどが気になっている方もやってみると良いでしょう。

やり方は以下の通りです。

①顎の中心に指の腹をおき、圧力をかけて口角を持ち上げる感じでなで上げていきます。

②歯茎に沿って鼻の下まで押したら、これらを3回繰り返しましょう。 この方法を毎日続けることで、年齢が出やすい口元をすっきりをさせることができます。

また下がり気味の口角も上向きにしてくれますから、顔の印象もグンと変わります。

特にほうれい線などが気になる方は、少しクリームの量を多めに塗り、しっかり圧力をかけて押し上げると良いでしょう。

場所によっては、あまり圧力をかけるのは良くありませんが、口周りなら問題ないようです。

また慣れるまでは圧力をかけることで痛く感じる場合もありますが、繰り返すうちに痛みはほぐれていくでしょう。

脱毛と美肌の両方が手に入る脱毛器です。

毎日続けることで、必ずパンパンの顔は解消することができるでしょう。

関連記事

脱毛器&美顔LAVIE

脱毛