カテゴリー別アーカイブ: むくんだ顔

顔痩せ効果のある化粧品②

手軽に使える顔痩せ効果のある化粧品の紹介です。

■ドクターシーラボ アクアコラーゲンゲルエンリッチソフトEX

リフトアップに効果的な成分「リフトアップコンプレックス」を配合した顔痩せのためのスキンケア化粧品です。

1つで化粧水、乳液、美容液、ブライトニング、化粧下地などの役割を果たしてくれるので、面倒くさがりの方にもおすすめ。

■スマイルリフティングマスク

さっと手軽に顔痩せ効果を得られるシートマスクです。

わざわざマッサージするのは面倒という方、忙しくてなかなかマッサージができないという方におすすめの逸品です。

超伸縮ストレッチシートなので、しっかり持ち上げリフトアップしてくれます。

ちなみに口元専用のパックです。

より顔痩せの効果を発揮させるためには、もちろん日頃からマッサージする必要があります。

毎日続けることで、必ずパンパンの顔は解消することができるでしょう。



顔痩せ効果のある化粧品①

スキンケアをしながら顔痩せを行う場合、リフトアップ効果のあるものを使うとより効果的です。

そこでここでは、顔痩せ効果のある化粧品をいくつか紹介したいと思います。

ぜひ参考にして、役立てて下さいね。

■ラボルテ

甘酸っぱい香りが心地良い気分にさせてくれる「ラボルテ」

程良く筋肉に働きかけてくれるので、たるんでしまった頬やむくみなどにも効果的。

塗ると顔が温かくなってくるのが特長です。

■ミラコス

IKKOさんも愛用しているこちらの化粧品。

化粧水だけでも十分にうるおうので、リフトアップには非常に効果的。

同時に乾燥も防げ一石二鳥。

■アスタリフト

松田聖子さんと中島みゆきさんのCMでお馴染みの「アスタリフト」

“リフト”とつているだけあって、たるみや顔のもむくみに非常に効果があります。

肌の奥まで浸透し、内側からハリのある肌へ。

基本的にアンチエイジング効果のある化粧品は、小顔造りに適しているものが多いですね。



スキンケアでパンパンの顔を小さくする方法~美容液・乳液・クリーム

美容液・乳液・クリームを使ってパンパンになった顔を小さくする方法の紹介です。

すべての化粧品を使うのではなく、どれか1つでも構いませんし、美容液+クリーム、乳液+クリームでも構いません。

その時の肌の状態に合わせて使い分けると良いでしょう。

ここでは、クリームを使って行うマッサージ法を紹介したいと思います。

適量のクリームを手のひらに取り、まず額からマッサージしていきます。

額に人出し指と中指、薬指の3本を中央に強めに押し、こめかみまでゆっくり押していきます。

最後に、こめかみは少し弱めにプッシュしましょう。

これを3~4回繰り返したら、次に口周りです。

中指と薬指で顎の下から口角の真横、鼻の下を繰り返し強めに押し、3~4回繰り返します。

次に小鼻の横の溝に中指を押しあて、溝に沿って15~17往復なでます。

顎は人差し指と中指、薬指ではさみ、耳の下まで引き上げます。

目の周りはやさしくなでるようにマッサージし、頬は肉を持ち上げるような感じでマッサージしていきます。

スキンケアと美顔器を使うといいですよ。



スキンケアでパンパンの顔を小さくする方法~化粧水

化粧水を使ってリンパの流れを良くし、パンパンになった顔を小さくする方法の紹介です。

まず化粧水を手の平に取りましょう。

化粧水の種類は肌に合うものであれば何でも良いですが、より小顔効果を実感したい方は、リフトアップ効果のある化粧水を使うと効果的です。

手に取った化粧水を顔全体に馴染ませ、リンパの流れに沿ってやさしくパッティングしていきます。

化粧水ですから、流れるようにマッサージするというよりかは、パッティングしながら馴染ませマッサージするのがポイントになります。

この時、リンパの流れを意識しながらパッティングすることで、むくんだ顔をすっきり解消させることができます。

ポイントは、朝行うこと。

朝はもっとも顔がむくみやすいので、朝のスキンケアの際、この方法で化粧水をつけるようにすると良いでしょう。

もちろん、夜のスキンケアで行っても良いですよ。

スキンケアでパンパンの顔を小さくする方法~クレンジング・洗顔

毎日のちょっとしたスキンケアで、パンパンになった顔を小さくすることが可能です。

そこでここでは、クレンジングと洗顔で顔をすっきりさせる方法を紹介したいと思います。

まずクレンジングですが、自分の肌質に合ったメイク落としを使いましょう。

適量を手に取り、顔全体に塗りメイクと馴染ませていきます。

そして額の中心から外側に向かってマッサージしながらメイクを落としていきます。

次に口角のやや下から親指の腹を使い小鼻の脇まで頬肉を持ち上げる感じでメイクを落としましょう。

もちろん、マッサージをしながらメイクを落とすことも大事です。

メイクが落ちたのを確認したら、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

洗顔も同様の方法で行って下さい。

ただし洗顔はゴシゴシ手の平でこすってはダメなので、あくまで泡を転がすようにやさしく行うのがポイントです。

田中宥久子流・造顔マッサージの方法 フェイスライン編

フェイスラインは、年齢が出やすく、またむくみやすい場所でもあります。

すっきりと顔を小さくするために、これから紹介するマッサージをしっかり行いましょう。

方法は以下の通りです。

まず頬全体のマッサージの仕方です。

両肘をテーブルにつけ、親指のつけ根を小鼻と頬骨の間に入れます。

次に頬骨を持ち上げ、骨の下を通り、耳の前まで動かします。

首筋に降ろしたら、再び繰り返しましょう。

これらを3回行えばOKです。

次に口角の横のマッサージです。

親指のつけ根を口角の横に当て、斜め上へ持ち上げましょう。

耳の前まで持ってきたら、首筋に降ろし終了です。

最後に、もっとも気になる顎のライン、所謂フェイスラインのマッサージ方法です。

片手の親指のつけ根を顎の下に入れ、フェイスラインに沿って耳の下まで持ち上げていきます。

これを左右3回ずつ行えばOKです。



田中宥久子流・造顔マッサージの方法 頬編

頬のマッサージです。

頬は、たるみやすくむくみも出やすい場所です。

きちんとマッサージをし、むくみを解消させましょう。

やり方は以下の通りです。

いくつか方法がありますから、やりやすい方法でトライしてみて下さいね。

慣れればすべて行ってもOKです。

【方法①】

1.指の腹を顎の中心に当て、口角の横を通りながら上に揉み上げていきます。

2.小鼻の横から目頭へ持ち上げ、そのまま3秒押しましょう。

3.次に力を緩め、手を横に流しこめかみに持っていき、耳前から首筋を通って降ろします。

4.3回繰り返したら、指の腹全体で余分な肉を持ち上げるようマッサージしていきましょう。

【方法②】

1.顎を片手で支え、もう片方の手を顎の横に置き、目頭に向かって斜めに頬肉を集め3秒押します。

2.力を緩め、手を横に流しこめかみに持っていきます。そして、耳前から首筋を通り降ろします。

3.左右3回ずつ行えば終了です。

田中宥久子流・造顔マッサージの方法 口周り編

ほうれい線が出やすい口元。

顔のむくみだけでなく、シワなどが気になっている方もやってみると良いでしょう。

やり方は以下の通りです。

①顎の中心に指の腹をおき、圧力をかけて口角を持ち上げる感じでなで上げていきます。

②歯茎に沿って鼻の下まで押したら、これらを3回繰り返しましょう。

この方法を毎日続けることで、年齢が出やすい口元をすっきりをさせることができます。

また下がり気味の口角も上向きにしてくれますから、顔の印象もグンと変わります。

特にほうれい線などが気になる方は、少しクリームの量を多めに塗り、しっかり圧力をかけて押し上げると良いでしょう。

場所によっては、あまり圧力をかけるのは良くありませんが、口周りなら問題ないようです。

また慣れるまでは圧力をかけることで痛く感じる場合もありますが、繰り返すうちに痛みはほぐれていくでしょう。

田中宥久子流・造顔マッサージの方法 目元編

次に目元のマッサージです。

顔の中で、口の周りに同様デリケートな場所です。

ですから、圧力をかけすぎず、やさしくマッサージを行うのがポイント。

そして、必ず指の腹を使ってマッサージしましょう。

やり方は、まず中指の腹を使い、目尻から下まぶた、目頭を軽く押していきます。

骨に沿って目尻に戻ったら、再び目頭に進み、目尻に戻るを繰り返します。

そして、指2本を使い、軽くプッシュしましょう。

次に耳の前から首筋までまっすぐ降ろしたら、口元のマッサージは完了です。

これらの動作を、3回行えばOK。

スキンケアをしながら行っても良いですね。

刺激が気になる方は、クリームを少し多めに塗って行うと◎。

デリケートな部分だからこそ、余計な刺激や圧力を与えずマッサージするよう心掛けて下さい。

シワなどが気になる方は、シワ改善クリームなどを使うと効果的です。

目元の造顔マッサージと美顔器も併用して使うと効果的です。



田中宥久子流・造顔マッサージの方法 おでこ編

まずはおでこからマッサージしましょう。

巨峰大くらいの量のクリームを顔全体に厚めに塗ったら、指の腹をおでこの中心に当て、横に引っ張るようにこめかみまで指を動かしていきます。

圧力は、適度にかけ、あまりかけすぎないように。

この時、肘は上げて行ったほうが良いですね。

終わったら腕を降ろするのですが、耳の前から首筋にまっすぐ降ろすのがポイントです。

これらを3回行いましょう。

おでこは脂肪が少なく、あまりむくまないイメージがありますが、実はむくみやすく、シワもできやすい場所です。

ですから、毎日しっかりケアをして、むくみを取り除く必要があります。

おでこなんて髪の毛で隠れるし問題ない。

と思っている方!隠れているところこそ、しっかりケアする必要がありますよ。

いろんなヘアスタイルを楽しむためにも、また顔を全開にしても綺麗であるためにも、おでこのマッサージもしっかり行いましょう。